ピカいちさん の 『雨ニモマケズ』


雨ニモマケズ風ニモマケズ はやし園、まちづくりで汗をかき、産土の神明社の富の神様にお守りいただいています。
by pika-one
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
先日は素敵な演奏をありが..
by pika-one at 19:48
こんにちは。アンサンブル..
by 増田 光一 at 12:48
今年のツールドフランス1..
by 藤二の呑兵衛ささ at 17:57
こんばんは。中谷です。 ..
by hisako-baaba at 21:55
長女が文化幼稚園に入園し..
by 糟谷保男 at 19:56
コメント気づかず返信が遅..
by pika-one at 22:33
三芳町絵本をアップしてく..
by hiromi watanabe at 11:08
早速にお読みいただきまし..
by hisako-baaba at 12:36
ご無沙汰しております。中..
by hisako-baaba at 21:44
母の時父の時よりなお悲し..
by bbex241988 at 21:56
最新のトラックバック
カワセミ飛ぶ      ..
from 成長する家 つれづれ日記
あるパーティーの胴上げ
from 成長する家 つれづれ日記
連休中日
from わかちこ 少年隊
いも堀で飲みすぎました(..
from 成長する家 つれづれ日記
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ
超レアものの焼酎   「..
from 成長する家 つれづれ日記
心と生き方を磨く名言
from 心と生き方を磨く名言
ヒヨドリ カタクリ 福寿草
from 成長する家 つれづれ日記
水仙 ホタルブクロ スノ..
from 成長する家 つれづれ日記
江戸大火から学ぶ
from 成長する家 つれづれ日記
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:本( 6 )


絵本作家とよたかずひこさんのサイン

日曜日に絵本作家とよたかずひこさんが講演に来られました。
孫4人にとよた先生の絵本を求めました。
講演終了後、サイン会があったようです。
所用で先に失礼しましたが、今日先生のサイン入りの絵本が届きました。
d0130714_20554090.jpg
名前だけではなく、イラスト入りのサインです。
全ての絵本にイラスト入りのサインをされたようです。
しかも、3時半の講演終了後、サイン会が始まり、終了したのが夜の9時です・・・。
参加されたお母さんもずっと待っておられたとのこと。
頭が下がります。
とよた先生の絵本の温かさ優しさは、先生の人柄そのものなんですね。
d0130714_20555980.jpg
九州長崎の二人の孫に早速送らせていただきます。
d0130714_20561589.jpg
三芳町の狭山茶が農林水産大臣賞をいただきました。
鈴木さん、田畑さん、伊東さんはそれぞれ上位3位を独占、本日受賞した3人が報告に来られました。
三芳の狭山茶農家は4軒ですが、品質は最高です。
d0130714_20562753.jpg
第1保育所を利用されている福祉囲碁将棋の会を訪問
来年以降の活動場所に関して意見交換
どうにか新しい場所が見つかりそうです。
d0130714_20564349.jpg
そして、藤久保公民館に導入した通信カラオケ
皆さん大変喜んでおられました。
音も周囲の部屋に影響はないようでした。
歌でいつまでも元気でいてほしいですね・・・。
d0130714_20571423.jpg


by pika-one | 2012-10-23 21:32 | | Comments(2)

ふく風たつ浪の音までも、念仏ならずといふことなし

d0130714_094029.jpg

連休は今日で終わり
ゆっくりと本を読む時間もありました。

忙しく仕事に追われても
本は読み続けたいですね・・・。
d0130714_024216.jpg

昨日のサイクリング
GPS,心拍数付きで遊んでみました。
地図上の赤い線が走ったコースです。
熊谷近くまでの往復で100キロ
心拍数の分析も面白いが、どこまでダイエットにつながるか・・・。
今日も相変わらずの懇親会です・・・。

by pika-one | 2012-05-06 23:55 | | Comments(0)

『致知』届く

d0130714_011722.jpg

月刊誌『致知』が届きました。
今から20年前に紹介していただき、
一時講読をやめていた時期がありましたが
ずっと愛読させていただいています。
この雑誌を通し、会えがたい人や本と出会い、
まさしく私を育てて下さってくれています。

『致知』という名前は中国の古典『大学』にある「格物致知」に由来します。

致知出版社では雑誌名を下記のような理由で命名しました。

「とかく現代人は、知識や情報にばかりとらわれがちですが、
人間本来の叡智とは、 実際に物事にぶつかり体験することによって
初めて生きる力になると私たちは考えています。
実践を通して本物の叡智を身につける、
という意味を込めて、誌名を『致知』と名付けました。」

今月号は「常に前進」です。
勇気と力がわき出る言葉と対談で満ち溢れています。

by pika-one | 2012-02-07 23:55 | | Comments(0)

歌集『みよし野』町田勝男

d0130714_20593937.jpg

上富在住の町田勝男さんから一冊の本が届きました。
開けてみたら、ご自身の初めての歌集でした。
素敵な歌集です。

「あとがき」で町田さんはこんなふうに話しています。
「この歌集は私にとって初めての歌集であり、
また歌を詠むきっかけになった中学時代の恩師故新井先生のように
歌集を出せたらいいなと言う思いが叶った一冊でもあります。」
「会社をリタイアした時、余った時間に何をやるか明確な目標はもっていなかった」
ただ、
「多くの人たちがそうであったように少年期に啄木に傾倒した夢が燻って居て
消すことができませんでした。
歌など詠めない環境だからこそ詠みたい気持ちが濃縮された、
と言えるかもしれません。」
と啄木への思いが歌を詠むことの原点にあったようです。
そして
「なにごともうまくなるには経験が必要だし、経験には時間が必要です。
鍛冶屋だって盆栽だって五年や十年で一人前の仕事ができないのは当然ですが、
歌を詠むには更に何かが必要だと思っています。」
と今までの難聴というハンデの中で歌会に参加し、
歌を詠む上での過酷な試練と我慢と精進について言葉少なに語っています。
何首か紹介させていただきます。


受話器とり師の声必死に聴きたるも耳に棲む虫なほ鳴きやまず

運転のわれに寝顔が可愛いとうしろ座席の犬を指す妻

人間のかなしみを知る時を経て忘却は神の善意と知りぬ

風立ちぬ秋知らしめよ三芳野に慎ましやかな茶の花を見む

阿修羅像照明の中にきはだちて理解及ばぬ天平の黙示

スタートのテイグランドの記念樹は健やかなるや君亡き今も


そして、町田さんには以前神明社の総代をしていただきました。

悠久を一瞬くぎり太鼓うつ宮司の手より新歳産るる(神明社)
d0130714_20595492.jpg

午前、議会全員協議会が開かれました。
その後、議会報告会等の打ち合わせがあり、
お昼までかかってしまいましたが、お陰様でハーモニーで食事をとることができました。
Bランチです。
美味しかった。
ご馳走様でした。

by pika-one | 2010-03-29 21:31 | | Comments(0)

読み聞かせの町:三芳

d0130714_2121871.jpg

2月16日の産経新聞に三芳町の図書館で行っている読み聞かせの事業が紹介されました。
三芳町の図書館活動は全国的に高い評価をいただいています。
折しも今年からブックスタートが始まりました。
今までの実績を踏まえ、大変評判が良いようです。
他市から三芳に越してきた方も
三芳の方が丁寧で全然いいと言った声もあるとのこと。
想像するに難くありません。
三芳の住民として大変嬉しいです。
こうした事業が更に充実、発展し、
本好きの優しい子で三芳町が一杯になるといいですね・・・。
d0130714_2116838.jpg

気持ちは、昼下がりの木陰でひっそりと咲く
輝く福寿草を発見したような気分です・・・。

by pika-one | 2009-02-18 21:19 | | Comments(0)

人生生涯小僧のこころ

d0130714_15154164.jpg

塩沼亮潤(しおぬま・りょうじゅん)住職の『人生生涯小僧のこころ』を読む。
吉野・金峯山寺(きんぷせんじ)1300年の歴史で
2人目となる大峯千日回峰行(おおみね・せんにちかいほうぎょう)の
満行を果たした末につかんだ世界が語られている。

大峯千日回峰行とは、
奈良県吉野山の金峯山寺(きんぷせんじ)蔵王堂から
大峯山(おおみねさん)と呼ばれる山上ヶ岳(さんじょうがたけ)までの
片道24キロ、高低差1300メートル以上の山道を16時間かけて1日で往復し、
合計48000キロを歩き続けるという修行。

一度始めたらやめることはできない。
万が一この行をやめる時は、神仏にお詫びして
左腰に携えている短刀で自分自身の腹をかき切って自害するか、
あるいは死出紐(しでひも)という紐を木に結びつけて首をくくって命をたたなくてはならない
厳しい掟がある。
まさしく命懸けの修行です。

その修行の末につかんだ世界が、
タイトルの『人生生涯小僧のこころ』でした。
感謝の気持ち、そして「今日より明日、明日より明後日」と
いつもいつも過去最高の自分になれるように
神仏に手を合わせ祈る日々を送っているという。
d0130714_15155929.jpg

かつて、私も2度、1週間を超える奥駈けに参加させていただいたことがある。
まったく比較にならないが、千日回峰行の厳しさが想像できます。

山の行、里の行があると、先達は言っていました。
山での厳しい行と同じように、里にもどれば里の生活の中で日々できる行があり、
それが大切であると・・・。
新年度4月1日を迎え、私も私なりに里の行を行じ、
少しでも自分自身を高めていきたいと思います。

今日は、三芳町消防団の幹部歓送迎会がこれからあります。
退団される役員の皆さん、長い間ありがとうございました。

by pika-one | 2008-04-01 15:51 | | Comments(2)