ピカいちさん の 『雨ニモマケズ』


雨ニモマケズ風ニモマケズ はやし園、まちづくりで汗をかき、産土の神明社の富の神様にお守りいただいています。
by pika-one
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
先日は素敵な演奏をありが..
by pika-one at 19:48
こんにちは。アンサンブル..
by 増田 光一 at 12:48
今年のツールドフランス1..
by 藤二の呑兵衛ささ at 17:57
こんばんは。中谷です。 ..
by hisako-baaba at 21:55
長女が文化幼稚園に入園し..
by 糟谷保男 at 19:56
コメント気づかず返信が遅..
by pika-one at 22:33
三芳町絵本をアップしてく..
by hiromi watanabe at 11:08
早速にお読みいただきまし..
by hisako-baaba at 12:36
ご無沙汰しております。中..
by hisako-baaba at 21:44
母の時父の時よりなお悲し..
by bbex241988 at 21:56
最新のトラックバック
カワセミ飛ぶ      ..
from 成長する家 つれづれ日記
あるパーティーの胴上げ
from 成長する家 つれづれ日記
連休中日
from わかちこ 少年隊
いも堀で飲みすぎました(..
from 成長する家 つれづれ日記
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ
超レアものの焼酎   「..
from 成長する家 つれづれ日記
心と生き方を磨く名言
from 心と生き方を磨く名言
ヒヨドリ カタクリ 福寿草
from 成長する家 つれづれ日記
水仙 ホタルブクロ スノ..
from 成長する家 つれづれ日記
江戸大火から学ぶ
from 成長する家 つれづれ日記
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:平和( 4 )


おのが身は・・・

d0130714_21332255.jpg

靖国神社にて昇殿参拝

おのが身はかへりみずして人のため
つくすぞ人のつとめなりける
                 明治天皇御製(明治四十二年)

第二十五回戦没者追悼中央国民集会が参道にて開催
各界代表
参議院議員 佐藤正久氏
小野田自然塾理事長 小野田寛郎氏
元海上保安官 一色正春氏
より提言をいただく

境内の樹木の実を採種し苗に育て神社に奉納された
榊の苗木を受領する
d0130714_21334785.jpg

「仏法は遙かに非ず、心中にして即ち近し」
空海

自転車にて

by pika-one | 2011-08-15 21:44 | 平和 | Comments(0)

終戦の日

d0130714_2345068.jpg

終戦の日。
靖国神社にて英霊に深甚なる追悼と感謝の誠を捧ぐ。
d0130714_23451243.jpg

田母神氏の講演が行われた。
いたって当たり前のお話をされた・・・。

昭和天皇御製
樺太に  いのちをすてし  たをやめの  こころおもへば  むねせまりくる

皇后陛下御歌
樺太に 露ときえたる  おとめらの  みたまやすかれと ただいのりゐる
             

by pika-one | 2009-08-15 23:56 | 平和 | Comments(0)

雪の下の炎

今朝は鶴瀬駅で会報配布。
陽気が暖かくなったせいでしょうか・・・。
多くの方が声をかけて下さるようになりました。
ある方は総合福祉会館について、ある方はマミーマート周辺の歩道について、
そして、ある方は鶴瀬駅西通り線についてと様々な質問をいただきました。
答えられる範囲内で現状を説明させていただいています。
その他、「いつも輝いてるね・・・」とか「サツマイモ美味しいよ!」とか
声をかけていただくだけで元気になれます。
でも、今日一番嬉しかったのは
「少し痩せたでしょ?」でした・・・。
d0130714_2012845.jpg

駅頭後、渋谷に向かい、映画「雪の下の炎」と「風の馬」を観てきました。
先日から気になっていました。
パルテン・ギャツオは、チベット僧。
1959年中国軍の侵攻に対してチベット民族が蜂起した時に、
平和的なデモを行ったという罪で投獄される。
想像を絶するむごい拷問を受けながらも33年間を生き抜き、
非業の死を遂げた同胞のために現在も闘い続けています。
1996年、サンフランシスコで開催されたチベタン・フリーダム・コンサートや
2006年、トリノ冬季オリンピックでの北京オリンピック開催決定に対するハンガー・ストライキ
の模様や拷問と投獄の日々を静かに語るドキュメンタリーです。
その老師の勇気、不屈の信念、人間が持つ精神力の計り知れない可能性に
頭が下がる思いです。
d0130714_20123129.jpg

そして「風の馬」は、チベットには報道規制によって、
現在外国からのカメラが入ることは許されないが、
1998年に、チベットやラサやネパールで監視の目をかいくぐり撮影された劇映画。
実話をもとにチベット問題を真正面から捉えた衝撃作で
ここに描かれていることは、今も変わらないチベットの現実だという。

二つの映画を見終わって出てくる言葉は
「フリー・チベット!」

そして、老師の生き様にふれ、
老師の「雪の下の炎」が
私達の心に熱い火をともす・・・。

※渋谷アップリンクで上映中
 電話03-6825-5502

by pika-one | 2009-04-16 20:48 | 平和 | Comments(0)

明日への遺言

d0130714_2132388.jpg

昨晩からの雨が残り、午前中は肌寒かった。
政治団体の収支報告書の提出が今日までだったので、
県庁に提出してきました。

雨も降っていたので、
映画『明日への遺言』を見てきた。
原作は、大岡昇平の「ながい旅」

大東亜戦争末期にアメリカは、日本の主要都市に無差別爆撃を行った。
名古屋への無差別爆撃を行ったB29が撃墜され、
パラシュートで降下してきた米軍搭乗員38名を
ジュネーブ条約で定める捕虜ではなく
無差別爆撃を行った戦争犯罪人だとして
正式な審理も行わず処刑にした。

B級戦犯として起訴された元東海軍司令官・岡田資(たすく)中将は
軍事法廷で戦う決意をする。
米軍の残虐な無差別爆撃を立証し、起訴された部下の命を救い
東海軍の名誉を守るために。

安易な平和主義にも陥らず、反東京裁判史観でもなく、
法廷闘争が客観的に描かれていたのが印象的だった。

飛行機の開発と共に戦争のあり方が変わった。
第1次世界大戦後、ハーグにおいて米、英、仏、蘭、伊、日の6カ国によって
「爆撃は軍事目標に対して行われた場合に限り適法とする」
と戦時法規改正委員会の中で宣言された。
しかし、ドイツ軍のスペインのゲル二カへの空爆、ナチス、イギリス、旧ソ連軍、アメリカ
そして、日本軍が行った南京、重慶への空爆のフィルムも含め、
日本人としても心痛む旧日本軍が行った事実をしっかり押さえながら、
一方で、米国の利益に反しても、被告人の利益のために全勢力を注ぐ
フェザーストン主任弁護人の姿に、勝者の裁判と言われる
東京裁判にも法と真理の中で使命を果たした弁護人がいたことをも
きちんと伝えている。

平和の重みというものを強く感じさせていただいた。
そして、それを守るためには、さらに強い意志が必要であることも。

作者の大岡昇平は、
「戦後一般の虚脱状態の中で、判断力と気力に衰えを見せず、
主張すべき点を堂々と主張したところに、私は日本人を認めたい。
少なくとも、そういう日本人のほか私には興味がない。
・・・・戦場でよく戦うものは、平和のためにもよく戦うだろうと思っている。」
と述べている。

まさしく、岡田資の姿に日本人らしい日本人を感じた。
そして、岡田資の魅力は、人間的な人物としての魅力でもあると思う。
強い仏教的な哲学(信仰)を持っていたからこそ
信念を貫き通し、一人全ての責任を負い、部下を助けることができたのだろう。

私もかくありたいと思う・・・。
d0130714_21322696.jpg

写真上は、神社隣家の垂れ桜。
写真下は、芽吹き出したケヤキ。

先日、友人との映画談議の中で新宿テアトルで上映している
「連合赤軍」という映画も良かったという。
時間があったら見に行きたいと思う。
今日は、平日ということもあり観客が少なかった。
しかも、10人ほどの年輩の方ばかりだったのが少し残念でした。
そして、今日届いた「正論」5月号で
「売国発言を繰り返す福田首相への退場勧告」
というタイトルにも一抹の寂しさを感じました。
ちょっと情けない発言が多いですものね・・・。

by pika-one | 2008-03-31 22:33 | 平和 | Comments(2)